新鮮情報ポータルサイト

新鮮情報ポータルサイト

企業PR広告

■該当件数2件中<1 〜 2を表示> 1

使用しなくなった釣具は買取専門のアップツリーへ


私は以前大阪に住んでいましたので、ブラックバス専門で釣っていました。
たまに池に行ってバス釣りをするぐらいでしたが、そこそこ釣れていました。
その後長崎県の五島列島に引越してきました。
わかる人にはわかると思いますが、五島列島といえば海釣りのメッカです。
周りを海に囲まれていますし、どこでも釣り放題です。
しかし、それまで海釣りの経験がなかったので、最初はさびき釣りをしていました。
アジやいろんな小魚を釣って、素揚げにして食べていました。
最初はそれで満足していたのですが、徐々に満足できなくなってきました。
もっと大きくて釣り応えのある魚が釣りたくなりました。
しかしお金にそこまで余裕はありませんので、あくまでも陸から釣ることしか考えていませんでした。そこで、ネットでいろんな釣りの手法を調べ、遊動式の浮き釣りを行おうと思いつきました。
10メートルや20メートル投げて、そこに仕掛けを沈めてある程度の深さまで沈んだら浮きが立つ仕組みです。この釣り方を始めて、かなり大きい魚や種類が釣れるようになりました。25pほどのアジやサバ、カワハギやメジナやフエフキダイなんかもあがるようになり、楽しさ倍増です。さらに、海釣りに詳しい嫁のお兄さんに教えてもらい、投げ釣りも覚えました。天秤に仕掛けを通してセットして、100メートルぐらい投げて海底を引きずるのです。この仕掛けで、さらにキスやマダイやエソ(カマボコの原料になる魚)等も釣れるようになりました。
一度40pのマダイが釣れた時は、三脚に立てかけていた竿がいきなり引っ張られたので、危うく竿が海中に持っていかれるところでした。しかしマダイの引きはそれぐらい強烈だったので、とても釣り応えがあって手が震えました。
海で陸から大物を釣るときには、投げ釣りか遊動式の浮き釣りがおすすめです。
今後は陸から更なる大物を目指して、試行錯誤していこうと給料とにらめっこしています(笑)。

買取価格に納得できないあなたへ


中古車流通経路の末端である中古車オークションの落札価格を基準にして、買取専門店の買取価格は決められている。であれば中古車オークション会場へ直接出品することができるのなら、最も高く売却できるのではないか?これを実現させるにはオークション代行業者に依頼するのが最善の手段である。掛かる費用は出品代行手数料のみで、定額制の買取方式でないため希少車や多走行距離の中古車でも想定していた相場価格より高額で落札されることもあるので挑戦しない理由はない。
オークション代行は新しいいビジネスプラン