お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。
お役立ち情報

放射線のリスクをなくすために原発を減らし、あらたなクリーン再生エネルギーへ変換してゆく。将来的には可能になっていくと信じたいです。ただし、太陽光発電につかうセルはそれを作るのに多大な電気や貴重資源を使います。潮力発電などは、海中汚染がゼロではありません。

すべてのことにはリスクがあります。少なくとも、日本は放射線のリスクを背負って原発発電を選択しているのです。それは我々全大人が決めたことなのです。日本ほど放射線のリスクと戦っている国はあるのでしょうか。ヒロシマ・ナガサキの原発からフクシマの原発までいつまでたっても放射線リスクから日本は救われません。とはいっても私は、総理鑑定前で原発ゼロを訴えたいわけではありません。現代日本社会から今すぐ原発をなくして人が社会生活をおくれると思っていないからです。抗議している人たちは本当に生活が保てると思っているのでしょうか?抗議活動に参加している人にサラリーマンが少ないのが何よりの証拠と思いますが・・・。

便利なもの(電気)を得るためにはそれなりのリスクが必要なのです。テレビなどで「原発は絶対安全といっていたのに・・・」的な発言を聞くと、それでも大人かと思います。「絶対安全なものはこの世に存在しません」これが真実です。だからこそそのリスク(放射線)とどう向き合うかが問われているのです。もちろん、電気なんぞいらないから原発なくせ というのであればそれもひとつの道です。ただし、社会で生きていくためにはその案に賛成してもらうように自身が努力していく必要があります。